商標登録


4条1項8号


他人の肖像又は他人の氏名若しくは名称若しくは著名な雅号、芸名若しくは筆名若しくはこれらの著名な略称を含む商標(その他人の承諾を得ているものを除く。)は、登録を受けることができません。

本号は、他人の人格権保護の目的で規定されています。ここでいう「他人」は、現存している人に限られます。「氏名」とはフルネームを意味し、苗字のみ、氏名のみの時は本号の適用はありあせん。また「他人」には外国人も含まれます。「著名」であるかどうかの判断は、指定商品・指定役務との関係を考慮して判断されます。「これらの著名な略称」とは、氏名、名称、雅号、芸名、筆名の略称のことをいいます。



戻る






ページのトップへ戻る