商標登録


4条1項10号


4条1項10号は未登録周知商標の保護を目的として規定されているものです。 本号には、他人の業務に係る商品若しくは役務を表示するものとして需要者の間に広く認識されている商標又はこれに類似する商標であつて、その商品若しくは役務又はこれらに類似する商品若しくは役務について使用をするものは登録を受けることができない旨が定められています。

周知商標の既得の利益を保護するための規定です。周知性は、全国的に周知である必要はなく一地方で周知であれば足ります。また、その商標が周知であるかどうかの判断は、

①商標の使用期間、使用開始時期、使用地域
②生産、証明、譲渡の数量
③営業規模などを総合的に勘案して判断します。


戻る






ページのトップへ戻る