商標登録


3条1項柱書


商標登録を認められるためには、法律で定められた要件を満たしている必要があります。

商標法3条1項柱書では、登録を受ける要件として、自己の業務に係る商品又は役務について使用をする商標であることが求められています。

例えば、出願人の業務の範囲が法令上制限されているために、出願人が指定 商品又は指定役務に係る業務を行わないことが明らかな場合や指定商品又は指定役務に係る業務を行うことができる者が法令上制 限されているため、出願人が指定商品又は指定役務に係る業務を行わないことが明らかな場合などは、登録を受けることができません。

戻る






ページのトップへ戻る