商標登録


3条1項1号


その商品又は役務の普通名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標は、登録を受けることができません。

その商品やサービスの普通名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標は、登録を受けることができません。そのような標章には識別力がなく、誰の標章であるのか認識することができないからです。例えば、商品「りんご」に対して普通名称「りんご」は、識別力を有さず登録を受けることができません。一方で、商品「パーソナルコンピューター」に対して標章「りんご」は、その商品の普通名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみなからなるものでなく、識別力を有するものとして登録を受けることができます。

また、商品「りんご」に対して「りんご」の文字と図形を結合させた標章からなるものは、その普通名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなるものでなく、登録を受けることができます。


戻る






ページのトップへ戻る