商標登録の解説サイト


商標とは?


商標とは、分かりやすく言えば、会社名や商品名などのことを言います。 文字だけの商標もあれば、文字と図形が組み合わさったもの、立体的なものなど様々です。

みなさんが良く知っている、「シャープ」や「Panasonic」などの会社名や、スターバックスコーヒーのセイレーンのロゴマーク、またカーネルサンダース人形のような立体的なものなどが登録されています。

その他に、商標登録の例としては、この商標登録サイトや商標登録サイト、商標登録のサイトなどにいろいろと説明があります。

登録主義


日本の商標法では、取引の安全性、権利の安定性の観点から、登録主義を採用しています。 登録主義とは、使用の有無に関わらず、設定の登録を権利の発生要件とする主義のことです。 つまり、一番最初に使用していた者に登録を認めるのではなく、一番最初に出願した者に登録を認めるという制度です。これにより、現に商標に化対している業務上の信用を保護するのみならず、将来の使用により化体するであろう未必的な信用をも保護するということです。

商標権の存続期間


商標権は、設定登録の日から10年間で効力が消滅しますが、更新することにより、さらに10年の期間を得ることができます。つまり商標権は、更新を繰り返すことにより、半永久的に存続させることができる強い権利なのです。ですから商売をおこなう際は、商標を登録し、法律による保護のもと、安心で安定的な経営を行いましょう。

商標権の更新


商標権の更新手続きは、商標権の存続期間満了前6月から満了の日までに行う必要があります。この期限内に更新手続きをできなかった場合であっても、期限経過後6月いないであれば、登録料と同額の割増登録料を支払うことにより、更新手続きを行うことができます。更新手続きを忘れてしまうと、権利が消滅してしまうこともございます。期限管理は適切に行うようにしましょう。

商標調査について


出願を行う際には、事前に調査を行います。「既に同じようなものが登録されていないか?」などの調査です。既に登録されているものと同じものや似ているものは、登録を受けることができないからです。この他にも登録の要件は、いくつもあります。出願の際には、専門家にご相談ください。

調査について、ご依頼については、こちらのページをどうぞ。

相談、その他お問い合わせについては、こちらのページをどうぞ。


ページのトップへ戻る